カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

10代の薄毛が気になったらどうすれば良いのか。育毛剤を使うべき?

読了までの目安時間:約 7分

 

eye_ok1

10代に薄毛が気になり始ると、若いだけあって

「とにかく早く直したい」という気持ちがあると思います。

 

ですが、育毛剤などに手を出す前に

まずは皮膚科に行って診察してもらいましょう。

 

 

20代、30代で薄毛になった場合は

男性ホルモンが原因のAGAである可能性がほとんどです。

 

ですが若ければ若いほど、その他の要因も考えられます。

 

 

 

頭皮の誤ったケアや、不健康な生活、過度なストレスのせいかも知れませんし

あるいは体の不調のサインかも知れません。

 

もちろんAGAの可能性もあるのですが、

何が原因かによって対処の仕方は違ってくるので

焦りは禁物です。

 

 

まずは、原因がAGAなのか、そうでないのかを

はっきりさせることが重要です。

 

これがわからなければ対策のしようがありません。

 

 

 

 

まずは医師に

 

 

皮膚科で一度見てもらって

体に異常がないかなどを見てもらいましょう。

 

薄毛の専門クリニックとかではなくて

皮膚科のほうが良いです。

 

 

診断の結果によって対策を練るようにしましょう。

 

 

 

心身がの不調が原因の場合

 

診断の結果、過度のストレスや

体の不調が原因であった場合は

 

医師から対処方法が教えられたり

薬を処方されたりするはずです。

 

 

自分自身がどういった状態を知ることが重要なので

疑問に思うことはしっかりと聞いておきましょう。

 

 

AGAが原因だった場合

 

AGAであると診断されたなら、対策として

育毛剤などを使用するのが良いでしょう。

 

 

 

本当は、AGAは医薬品で治療するのが一番なんですが

10代だと年齢制限にひっかかってしまいます。

 

 

フィナステリドとミノキシジル。

 

この2つは最も薄毛に効果を発揮する成分で

医薬品にしか含まれていません。

 

効果はバツグンですが、副作用のリスクがあるため

年齢制限が設けられているんです。

 

 

フィナステリド:20歳以上

ミノキシジル:18歳以上

 

この年齢をみたしていないと

日本のクリニックなどでは処方してもらえません。

 

 

 

個人輸入代行業者のオオサカ堂を利用すれば

年齢が満ちていないでも手に入れることは可能ですが、

やはり禁止されていることをおススメすることはできません。

 

 

 

実際に、フィナステリドを若いうちに服用すると

生殖器官に影響を与えるという懸念から、年齢制限されています。

 

その辺りを考慮されて決められていることなので

医薬品を使うのは控えたほうが良いでしょう。

 

 

 

オオサカ堂を利用すれば、医薬品は安いですし。効果も高いので

ススメたいところではあるんですが、そうもいきません。

 

利用する場合はあくまで自己責任となります。

 

 

 

使うとすれば医薬部外品である

BUBKAやポリピュアなどの育毛剤。

 

BOSTONのようなサプリメントになります。

 

 

ただこれらは値段が高いので、

現実問題、学生には厳しいです。

 

その辺も含め、両親とはシッカリ相談する必要がありますね。

 

 

 

身近なところから改善しよう

 

育毛グッズの使用が限られてくる分

身近なところを改善するようにしましょう。

 

 

以下が身近にできる育毛です。

    • しっかりと睡眠をとる
    • 栄養のバランスが取れた食事をする
    • ファストフード・ジャンクフード・お菓子を食べ過ぎない
    • ジョギング・ストレッチなど適度な運動をする
    • 髪を引っ張らない、抜かない
    • 頭皮を引っかかない
    • ドライヤーを当てすぎない
    • そのほか髪や頭皮に刺激を与えるのはNG
    • シャンプーはしっかりすすぐ
    • 自慰行為(オナニー)をしすぎない
    • ストレスを感じにくい考え方を身に着ける

 

などなど。

 

 

けっこうたくさんやれることはあります。

 

診断の結果が体調のせいでもなく、AGAでもなかった場合には

これらが原因となっている可能性が高いです。

 

やれるところから焦らずやっていきましょう。

 

 

 

 

■薄毛の原因・改善   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る