カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

薄毛の改善・予防するならまずは種類と原因を知ろう

読了までの目安時間:約 7分

 

eye_hair

薄毛をひきおこす原因ってたくさんあります。
どこまで細かく分類するかにもよるんですが、種類もたくさん。

 

 

薄毛を改善するためには、まずは
自分がどの種類の薄毛になっていて、何が原因なのかを知ること。

 

そして、それに対して効果的な対策をとることです。

 

 

 

薄毛の種類と原因

 

男性型脱毛症(AGA)

 

DHTという男性ホルモンによっておきる薄毛。

M字型、O字型、U字型というように進行の仕方は様々です。

 

一般的に薄毛になっている人のほとんどは
このAGAが原因となっています。

 

 

 

AGAの対策は2つ。

 

 

1つは無駄に男性ホルモンが分泌されるような生活をしないこと。

 

喫煙のように不健康な生活は
男性ホルモンを分泌させてしまいます。

 

 

2つ目は、AGA治療薬を使うこと。

 

薬を使うことによって男性ホルモンは抑制できます。
コレが最も効果的な治療法です。

 

 

 

 

生活習慣による脱毛症

 

喫煙や飲酒、睡眠不足、偏った食生活などは
薄毛を引き起こしてしまいます。

 

 

薄毛になっている人のほとんどは

AGA+不健康な生活習慣が原因となっています。

 

 

なのでAGAの人は、AGAの治療薬を飲むだけでなく
生活習慣を改善することも必須です。

 

 

 

 

 

脂漏性(しろうせい)脱毛症

 

頭皮に皮脂が過剰に分泌されるとおこります。

 

シャンプーのしすぎや、洗浄力の強いシャンプーの使用など
頭皮の油を落としすぎると皮脂は過剰に分泌されます。
逆に全く洗わなくてもギトギトに。

 

 

皮脂が分泌される理由は他にもたくさんです。

 

男性ホルモンの分泌、偏った食生活など
心あたりのあるものは改善する必要があります。

 

 

 

ひこう性脱毛症

 

脂漏性は皮脂の過剰分泌が原因でしたが、その逆。

 

皮脂が足りずに頭皮が乾燥することによって
フケが大量発生します。

 

 

フケが毛穴に詰まって薄毛の原因に。

 

 

フケの大量発生ということで脂漏性と間違えそうですが
原因が逆なので、対策も逆です。

 

間違えて逆の対策をとってしまうと症状を悪化させてしまうので、
冷静にどちらかを判断して対策をとらないといけないです。

 

 

頭皮が乾燥しないように気遣うのと
オイルを塗るのも対策の1つです。

 

 

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

 

髪を引っ張ることによっておきます。

 

引っ張る癖があるのなら直さないといけないですし、
負担の大きいヘアスタイルもNGです。

 

 

 

びまん性脱毛症

 

髪の一部がハゲるのではなく、
髪全体が抜け落ちてボリュームが減っていくタイプです。

 

 

女性に多いので、女性型脱毛症とも言われいますが
男性でもなります。

 

ストレスや加齢が大きな原因です。

 

 

 

円形脱毛症

 

ストレスや自己免疫疾患が原因。

偏った食生活も影響を与えるようです・

 

 

 

薬による副作用

 

抗がん剤、肝炎治療剤、消炎鎮痛剤、男性ホルモン剤
などの薬は薄毛をひきおこした例があるそうです。

 

 

一番多い脱毛症は?

 

 

1通り薄毛の種類を紹介しましたが、

この中でも特になりやすいのは

AGAと生活習慣による脱毛症です。

 

 

薄毛になっている人の90%以上は
この2つが原因となっています。

 

 

AGAと生活習慣による脱毛症は自分で治すこともできますが
念のため一度、皮膚科を受診しても良いでしょう。

 

その他の薄毛に関しては、必ず医師の指導のもと
対策をとらないといけません。

 

 

 

 

 

 

■薄毛の原因・改善 ■薄毛の原因・改善 薄毛の種類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る