カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

帽子を被るとハゲる?帽子のメリットとデメリットを知ろう

読了までの目安時間:約 6分

 

h13

帽子を被るとハゲるという言葉は良く耳にしますよね。

 

 

これは、帽子を正しく活用できるかどうかで
嘘にも本当にもなりえることです。

 

誤った使い方をすれば本当に薄毛を促進しますし、
正しくつかえば薄毛の予防にもなります。

 

 

ということで、帽子の能力を最大限発揮させるための
ポイントを抑えておきましょう。

 

 

帽子の間違いがちな使い方

 

長時間の被りっぱなし

 

長時間帽子を被っていると
だんだんと頭が蒸れ、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

 

とはいっても、仕事柄、帽子やヘルメットを
長時間着用しないといけない人もいると思いますが、

 

隙を見て被りなおしたり、休憩時ははずしたり、
時間があれば出来るだけ換気するように心がけましょう。

 

 

 

締め付けの強い帽子

 

帽子の締め付けが強いと
毛細血管の血行が悪くなってしまいます。

 

 

それと、締め付けが強い帽子って

被ったり脱いだりする時の摩擦が強いですよね。

これは髪を痛めてしまうので良くないです。

 

 

好みのサイズ感というのはそれぞれあるとは思いますが
少し余裕のある帽子を選ぶ様にしましょう。

 

スナップでサイズ調整できるものは便利ですね。

 

 

 

不衛生な帽子

 

とにかく、帽子は清潔に保つことです。

 

「仕事用だし、少々汚くても、、、」という理由で

あまり洗っていない人もいるかも知れません。

 

確かに、僕も仕事用の帽子を毎日洗うのは面倒です。

 

 

 

ですが、髪のためです。

面倒かも知れませんが、小まめに洗うようにしましょう。

 

 

 

「オシャレなやつだから型崩れしたら嫌だしな、、、」という場合は
型崩れしない洗い方を調べてみてください。

検索してみると、けっこう詳しく書いてあるので。

 

 

あとはカビの出そうな湿った場所には保管しないことですね。

 

 

帽子を正しく使って得られる効果

 

 

 

薄毛の原因、紫外線をカット

 

紫外線を多く浴びることは
薄毛になってしまう原因の1つです。

 

なので、紫外線が強い日や
長時間、外にいる日は帽子を活用してみましょう。

 

 

夏場は蒸れてしまわないように特に注意が必要で
メッシュキャップ、麦わら帽など、通気性の良いものが良いです。

 

 

 

 

寒さによる血行不良を防ぐ

 

冬の寒い日に、頭皮が冷たい空気に触れると
毛細血管が収縮して血行不良になってしまいます。

 

寒い日には頭もしっかり防寒してあげましょう。

 

 

この場合は、ニットのような暖かめのものが良いです。
(僕はニットは痒いのでどうにも被れないんですが。。。)

 

 

 

 

 

帽子は適材適所、正しくつかうことで
頭皮の強い味方になってくれます。

 

 

帽子を被ると髪がぺったんこになるので
一度外出すると、帰るまではとりたくないかもしれません。

 

ですが、できればお店の中のように
必要の無い場所での使用は避けたいものです。

 

 

 

 

■薄毛の原因・改善 帽子   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る