カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

産毛を育毛で太くする方法 

読了までの目安時間:約 5分

 

u10

薄毛になると、だんだんと髪全体を
産毛が占める割合が増えてきます。

 

もう生えていないと思っている場所も
良くみれば産毛がちょっと頭を出してたりするものです。

 

 

では、どうにかその産毛を育毛することで
太くて長い、コシのある髪に戻せないか?

 

 

産毛が生えているということは毛根が死んでる訳ではないので
育毛で復活させることも可能です。

 

なぜ髪が産毛になってしまったのか原因を知り、
原因にあった効果的な育毛方法を知りましょう。

 

 

 

髪が産毛になる原因

 

髪が産毛になる原因。

 

それはヘアサイクルの成長期が短くなったためです。

 

 

 

ヘアサイクルとは・・・髪が生えて抜けるを繰り返す周期のこと。
成長期、退行期、休止期の3つの期間がある。

成長期・・・髪が成長する期間。成長期が長いほど髪は太く長くなる。

退行期・・・髪の成長が止まる期間。

休止期・・・成長が止まった髪が抜け、新しい髪をつくる準備をする期間。

 

 

成長期が長いほど、髪は太く長くなり
成長期が短いほど、髪は細く短く、産毛へと変わっていきます。

 

正しい育毛方法で成長期を長くしてあげることができれば
産毛をシッカリとした髪に変えることは可能なんです。

 

 

 

ヘアサイクルの成長期が短くなる原因

 

では何故ヘアサイクルは短くなってしまうのか。
その原因を2つです。

 

 

1.髪をつくる栄養が不足している

 

2.男性ホルモンDHTが成長期を短くするようイタズラしている

 

 

これらを解消する育毛方法をとれば
産毛を太くすることは可能です。

 

 

 

 

■髪の栄養不足を解消

 

髪が栄養不足になるのは
単に食事から補給できていないということもありますし

 

補給はできているのに血行が悪いせいで
補給した栄養が届いてない場合があります。

 

 

なので

 

・食事やサプリメントから栄養を補給すること
・健康的な生活をして血行が良い体にすること

 

この両方をやることですね。

 

 

■男性ホルモンDHTの抑制

 

男性ホルモンDHTを減らすのは

 

・健康的な生活をする
・育毛剤や医薬品を使う

 

 

意外かもしれませんが、不健康な生活って
男性ホルモンDHTを増やしてしまうんですよ。

 

例えであげるなら、
喫煙、運動不足、バランスの悪い食事、過度な射精など。
他にもたくさんあります。

 

 

 

 

以上が、産毛を太くするための育毛方法です。

 

 

どうすれば血行が良い体をつくれるのか?
どんな栄養が髪の生成に必要なのか?
育毛剤や医薬品は何を使えば良いのか?

 

こういった具体的な方法については
また別の記事で詳しくお話しています。

 

 

トップページやサイドバーにまとめているので
参考にしてみてください。

 

⇒トップページへ

 

 

 

■薄毛の原因・改善 ヘアサイクル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る