カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

ストレスを受けると薄毛になる、その原因と対処方法

読了までの目安時間:約 7分

 

h1

ストレスは生きていれば誰もが感じるものですよね。

 

人によっては仕事で日常的にストレスを受けて
溜め込んでしまっている人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、過度のストレスは薄毛を引き起こしてしまいます。

 

 

なぜストレスが薄毛を引き起こすのかを知って
うまく解消・軽減していくようにしましょう。

 

 

ストレスが薄毛をひきおこす原理

 

ストレスが薄毛を起こす流れを簡単に説明します。

 

 

ストレスを受けると、自律神経のバランスが崩れる

高血圧や血行不良を引き起こす

髪は血液から栄養を得ているので
血行不良になれば、髪が栄養を得られない

 

 

という流れです。

 

 

 

自律神経というのは、
自分の意思でコントロールができない神経のことで

交感神経と副交感神経の2つに分けられます。

 

 

交感神経は体が緊張・興奮状態のときに働き

血圧上昇、血管収縮などを引き起こします。

 

副交感神経は体を休めている時に働き

あらゆる機能を休めるものです。

 

 

もうお分かりかと思いますが、

常にストレスを受けている状態というのは

常に交感神経が働いているということ。

 

 

 

そうすると血行不良になり、体が効率よく栄養を運べなくなれば
『内臓のような生命維持に重要な場所』に優先して栄養は送られます。

 

髪は命に関わるようなものではないので
栄養を運ぶのは後回し。

 

早い段階で影響が出るということですね。

 

 

ストレス性の薄毛の改善

 

改善する方法は2つです。

・血行を良くするための
・ストレスを受けないようにする

 

 

両方やった方がいいですが、ストレス自体が元の原因なので

やはりストレスを受けないように対処するのが一番でしょう。

 

主に方法は3つです。

 

 

 

物事の捉え方を変える

 

これはストレスを感じている人なら
一度は試みてみたのではないでしょうか。

 

 

例えば、仕事ですぐに怒る上司がいるとしましょう。

 

「この人は細かいことで怒るけど
自分が仕事ができるようになるため言ってくれてるんだ」

 

「細かいことばっかり言って、すぐ人の揚げ足をとる、、、
かわいそうな人だ。聞き流しておこう。」

 

など、色んな捉え方をしてみてください。

 

 

これは色々試してみて、なるべく
ストレスを感じない考え方ができると良いですね。

 

 

 

 

環境を変える

 

常にストレスを感じる、という場合のほとんどは

仕事や家庭など、自分の所属する団体で
ストレスを受けているはずです。

 

 

考え方を変えてみたけどやっぱり無理だった。

心身ともにボロボロになっている。

 

そういった場合には、
思い切って環境を変えることも大事です。

 

 

 

 

趣味をみつける

 

趣味があればそれを楽しみにすることで、

多少のストレスは気にならなくなると思います。

 

ですが、これはストレス自体と向き合っている訳ではないので
限界はあるでしょう。

 

 

 

薄毛の悩みからストレスを感じている場合

 

薄毛による悩みからストレスを感じるのが原因で
余計に症状が悪化しているという、悪循環に陥っている人もいるでしょう。

 

そういった場合はやはり、重く捉えすぎないことが大事です。

 

 

 

「そんなことは分かってるけど、それが難しいんだよ!」

と思うかも知れません。

 

 

ただ実際に、僕の知り合いには30代なのに

髪が全く無い人がいるんですが、潔くスキンヘッドにしています。

 

 

その人はすごく人柄も良く、声も大きくて
自分に自信を持っている様に見えて、普通にかっこいいです。

というか、髪が無いことを話のネタにしてきます。汗

 

 

 

 

育毛を諦めたり、スキンヘッドにすることを薦めているわけではないんですが、
内面や、表現の仕方によってフォローすることも出来るということです。

 

 

薄毛になっていることに捉われすぎないことが

ストレスを感じず、結果的に早い改善に繋がるのではないかと思います。

 

 

何事も気の持ち様とはいうものですが

自分で出来る限りストレスを感じないための
物事の捉え方や、環境づくりをしていくことが大事ですね。

 

 

■薄毛の原因・改善 ストレス   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る