カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

20代以降の薄毛の対処方法

読了までの目安時間:約 7分

 

u50

20代以降の年齢で薄毛になったら

どんな対処を取るのが良いのでしょうか。

 

 

まず、薄毛の原因のほとんどは

AGA(男性ホルモンによる薄毛)と生活習慣によるものです。

 

 

なので、基本的な対処方法としては

AGAの治療薬やサプリメントを飲みながら

生活習慣を改善していくことになります。

 

 

もちろん円形脱毛症や、その他

頭皮トラブルが見られる場合は別で

必ず医師に相談しないといけません。

 

 

 

医師への相談

 

また、頭皮トラブルなどがなかったとしても

一度は医師に診察してもらっても良いと思います。

 

 

自分自身でAGAだと決めてしまうことに抵抗がある人は

ぜひ一度、皮膚科に行ってみて下さい。

 

薄毛専門クリニックとかでは無くて皮膚科にです。

 

 

薄毛の原因は9割以上の確率で

AGAか生活習慣によるものではありますが

 

やはりどんな原因かをはっきりさせて置いた方が

気持ち的にも改善に取り組みやすくなるのではないでしょうか。

 

 

 

対処方法

 

AGAや生活習慣が原因だった場合

主な対処方法はAGA治療薬を使うことと、生活習慣を改善することです。

 

 

AGA治療薬

 

AGA治療薬に含まれる成分、

フィナステリドとミノキシジルを服用したときの

薄毛の改善率は80%以上なので使わない手はありません。

 

 

ただ副作用がでることもあるので

どんな副作用があるのかを知っておかないといけません。

 

 

「これはマズイな・・・」と思える副作用があるなら

まず服用してはいけません。

 

特に無ければ、飲みながら様子を見ることになります。

 

 

 

治療薬は専門のクリニックに行けば処方してもらえますし

個人輸入をすればクリニックの半額で買うこともできます。

 

個人輸入と言っても代行業者を利用すれば

ネットショップと何ら変わらない手軽なものです。

 

 

これはどちらを利用するかはご自身の判断になりますが

継続するためには個人輸入をするのがずいぶん経済的ではあります。

 

 

 

生活習慣の改善

 

人によっては薬や育毛剤を使ったりするよりも

案外こっちの方が大事だったりします。

 

 

不健康な生活を送っていると

血行不良、血圧の上昇、ストレスなど

体にたくさんの不具合が出てきますよね。

 

 

これらの不具合が出たときに

一番影響を受けやすいのってどこだと思いますか?

 

(こんな聞き方したら分かっちゃうでしょうけど。)

 

 

 

そうです。どこよりも真っ先に体の不調に影響を受けるのは

髪なんです。

 

人間の体は、体調が悪くなったときには

まずは生命維持に関係する臓器などに優先して

栄養を送ったりメンテナンスしたりします。

 

 

髪は生命維持とは関係のないものなので

一番後回しです。

 

 

そうなれば髪はどんどん細く、柔らかくなっていって

抜けやすくなってしまいます。

 

 

 

実感はしにくいことなので、

「本当かよ」と思うかも知れません。

 

ですがこれが、僕らの体で実際におこる事であって

生活習慣が髪に影響を与えるのは確実です。

 

 

 

AGAと生活習慣は必ずセット

 

また喫煙や運動不足、過度な射精などは

薄毛を引きおこす男性ホルモンDHTを増やします。

 

不健康な生活習慣が原因で

AGAにもなる可能性があるということです。

 

 

 

というか、AGAと生活習慣って

切っても切れない関係と言うか、

必ずセットになっていると思ってください。

 

 

どっちか1つという事ではなく

2つが重なり合うことで、薄毛の相乗効果が生まれてしまうわけです。

 

AGA+不健康な生活は1+1=2の効果ではなく

3以上にもなります。

 

 

生活習慣の改善は面倒に思うかもしれませんが

面倒に思うから面倒なだけであって

やってみれば実際はなんてことはありません。

 

そんなに大したことをする訳ではないので。

 

 

先入観をもたずに「まずはやってみること」が大事ですね。

 

 

 

 

■薄毛の原因・改善 その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る