カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

ハゲているか分からない。薄毛かも知れないという思い込みは危険

読了までの目安時間:約 4分

 

h48

薄毛の対策をしていこうと思っても

本当に自分が薄毛かどうかわからないことは無いでしょうか。

 

 

「あれ?ちょっと薄くなってる、、、?

それとも前からこんなんだっけ?」

 

と判断が微妙な場合は

どうすれば良いのか迷いますよね。

 

 

 

この時に一番やってはいけないのは

「自分が薄毛なのではないか?」という思い込んだまま、

不安をかかえたまま放置しておくことです。

 

 

 

薄毛ではないかという不安がストレスになったり

気になって変に頭皮や髪をイジッてしまえば、

 

実はハゲていなかったのに

本当にハゲてしまうことだってあります。

 

 

 

割り切ることが大事

 

では、自分がハゲているかどうかわからない場合

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

これは考えても答えはでないので

自分でどっちかに決めて、割り切ってしまいましょう。

 

 

 

「やっぱり自分がハゲいる」と決めるなら

ちゃんと育毛に取り組むこと。

 

 

 

「いや、元々こんな感じだったな。

もう少し様子を見てみよう」と決めるなら

 

とりあえず時間を置きながら

状態の変化をチェックすること。

 

 

 

 

とにかく、「ハゲているんじゃないのか?」という不安をもちながら

過ごさないことです。

 

 

 

どちらに決めるのかは自己判断になりますが

薄毛は見た目ではっきりわかる前に予防することが効果的です。

 

 

一度薄くなったのを戻すよりも

薄くなる前に防ぐほうが圧倒的に簡単ですからね。

 

 

「年齢が年齢だし、、、」「遺伝が心配。」など

少しでも薄毛になる心辺りがあるのなら

育毛を始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

どうしても気になってしまう・・・

 

どちらかに割り切ったとしても

「薄毛になっているかもしれない・・・」

不安に思ってしまう場合。

 

 

 

その時に効果的なのは【髪を見ない、触らない】です。

 

 

 

気になってしまう所は

どうしても何回も触ったり、

鏡でみたりしてしまいます。

 

 

冷静に考えれば、一日に何回も確認しても

何も変化はわからないですから、その行動には意味がないんです。

 

 

 

触れば触るほど、見れば見るほど

気になってしまうのが人間なので

 

髪をチェックするにしても

ちゃんと時間帯や回数は決めて置くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

■薄毛の原因・改善 その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る