カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

育毛剤には副作用があるのか?育毛剤の安全性

読了までの目安時間:約 4分

 

u52

育毛剤は医薬品よりも副作用のリスクが低いものです。

 

ただ、だからといって

育毛剤に副作用がないのかと言えばそうではありません。

 

 

あくまでもリスクが低いということです。

 

 

 

医薬品は副作用がでる可能性が1割弱ほどあっても

それだけ改善効果が高いものです。

 

それに比べて育毛剤は、効果は医薬品よりは低く

リスクも低いといった感じ。

 

 

 

効果の高さ=リスクの高さ

 

かといえば必ずしもそうでは有りませんが、

今のところ育毛グッズにはこれが当てはまっているように思えます。

 

 

さて、横道にそれましたが、

けっきょく育毛剤はどんな副作用があるのかですね。

 

 

 

育毛剤の副作用

 

育毛剤の副作用とはいうのは

一概にいうことが出来ないものです。

 

 

医薬品の場合は、必ず有効成分がふくまれていて

その成分の副作用がでるものですが

 

それに比べて育毛剤は、どんな成分が入っているかが

商品によって違います。

 

 

なので「どの商品にはどんな副作用がある」という表現なら

はっきり表すことができるんですが

「育毛剤」と一括してしまうと何ともいえません。

 

 

 

ですが、頭皮につけるものなので

副作用のほとんどは頭皮トラブルです。

 

かゆみ、赤み、肌荒れ、湿疹、炎症などですね。

 

 

 

副作用の出る確率なんですが、

これも商品によるので何ともいえません。

 

医薬品の場合だと1割弱くらいの確率ですが

基本的にはそれよりは低め。

 

 

なので平均的に5%前後といったところでしょうか。

あくまで推測ですが。

 

 

 

 

100%安全なものはない

 

育毛グッズに限らずですが

体に影響を及ぼすもので、100%安全なものはありません。

 

あくまで確率的に安全かというお話です。

 

 

 

ちなみに、ネットでは

 

「この育毛剤は天然成分だけで作られているので

副作用が起こることはありません。」

 

という情報を多く見かけますが、これはまず嘘です。

 

 

 

自然のものにだって毒性があるものなんて

山ほどあります。

 

あくまで、「その中でも刺激の弱いものを使ってますよ」

ということだと思うんですが、あまり表現がよろしくないですね。

 

 

ここは抑えておいてください。

 

■育毛剤   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る