カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

育毛剤、発毛剤、養毛剤の違いとは?一番効果があるのはどれ?

読了までの目安時間:約 4分

 

h49

髪を生やすためにの商品として

育毛剤、発毛剤、養毛剤と

なんだか似たような名前のものがたくさんあります。

 

 

これらの違いは何なのか。

また、どれを使うのが良いのか。

 

ここが選ぶ上で気になるところですよね。

 

 

それぞれの特徴を抑えて

自分にとってどれが必要なのか考えてみましょう。

 

 

 

養毛剤、育毛剤、発毛剤の違い

 

養毛剤

 

役割は頭皮の肌荒れ改善や、栄養補給など。

頭皮の環境を整えることが主な役割です。

 

髪を直接的に伸ばしたり、生やしたりする効果はありません。

 

 

扱いは「化粧品」。

 

 

 

育毛剤

 

育毛剤は髪を育てることが主な役割。

 

頭皮環境の改善に加え、

抜け毛防止の効果もあります。

 

 

扱いは「医薬部外品」。

 

 

 

発毛剤

 

発毛剤は髪を根本的に生やすことが役割。

 

 

なので、髪をつくる元の細胞、

毛母細胞の働きを活性化したり

 

毛母細胞の働きを悪くする

男性ホルモンを抑制する成分が入っています。

 

 

扱いは「医薬品」。

 

 

 

まとめ

 

 

養毛剤は一番効果が低いので

髪を生やしたい人からすれば不要なものです。

 

 

 

育毛剤と発毛剤、この2つの大きな違いは

医薬品であるか、医薬部外品であるかというところ。

 

 

医薬品とは試験を受けた結果、

効果があると認証されたものですが

医薬部外品はそういった認証を受けていません。

 

「効果が期待できる。」というくらいの

曖昧なポジション。

 

 

 

なので医薬品である発毛剤のほうが

圧倒的に効果は高いです。

 

 

 

本気で髪を生やしたいならまずは

医薬品を使用するのがいいでしょう。

 

 

 

 

■育毛剤   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る