カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

有名な育毛剤を使っても効果がでない原因とは

読了までの目安時間:約 5分

 

u9

ミノキシジルやフィナステリドの医薬品。

栄養剤のBOSTON。育毛剤のBUBKAなど。

 

 

「有名な 」といってしまうと、粗悪な商品も含んだ言い方になってしますが

いまや、効果があるといわれる育毛剤はたくさんあり

実際にそれらを使って育毛に成功している人は多くいます。

 

 

ですがその反面、それらを使っても

効果を実感することができずにいる人もいます。

 

 

効果の得やすさには個人差はありますが

なんの変化もない場合は、やはり何か原因があると考えられるでしょう。

 

その原因は、大きく分けて以下の3つです。

 

試用期間が短い

単品で使用している

育毛グッズに頼った生活をしている

 

 

使用期間が短い

薄毛が進行していればしている程

治療には長い期間が必要となってきます。

 

あまり進行していないなら半年ほどで効果がでる人が多いです。

 

ですが、前頭部と頭頂部の髪がほとんど無くなっていたり

産毛しかないほど薄毛が進行していれば、1年は継続してみないといけません。

 

 

また進行レベルによっては育毛が難しい場合もあるので

自分がどのくらいのレベルなのかを把握しておく必要もあります。

 

⇒薄毛の進行レベル

 

 

 

 

単品で使用している

商品を単品で使用している場合には

進行を止めるくらいの効果はあるかも知れませんが

発毛までは難しいです。

 

 

まず、育毛に必要な作用は3つあります。

 

薄毛を引き起こす男性ホルモン、DHTの抑制

毛を生やす細胞、毛母細胞の活性化

髪を作る栄養の補給

 

この3つがそろうことで『発毛』という効果を得ることができます。

 

ですが、これらの作用すべてを単品で行うことはできないので

育毛グッズは複数を組み合わせることが必須なんです。

 

 

BOSTONは3つともそろっていますが、主には栄養補給なので、

ほかの2つの役割はやはり物足りない感じです。

 

 

男性ホルモンの抑制にはフィナステリド。

毛母細胞の活性化にはミノキシジル。

栄養補給にはサプリメント。

 

 

このようにそれぞれの作用に特化しているものを組み合わせれば

80%以上の高確率で薄毛は改善することができます。

 

 

 

 

育毛グッズに頼った生活をしている

育毛剤を組み合わせても効果がないという場合、

あと考えられる事としたら、生活習慣です。

 

 

良い育毛剤やサプリメントを使っていると

どうにもそれだけを服用しておけば

髪が生えてくる気がしてきます。

 

 

ですが、不健康な生活をしていれば

どんなに良い育毛剤も効果は半減することを覚えておきましょう。

 

喫煙、過度な飲酒、睡眠不足、偏った食事。

これらには気をつけて健康的な生活をすることが大切です。

 

 

 

 

ちゃんとした育毛剤を使っているのに効果が出ない、

そういった場合は、以上3つを参考にしてみてください。

 

 

■育毛剤   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る