カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

薄毛はどの病院で診察してもらえば良いのか

読了までの目安時間:約 7分

 

U2

 

薄毛は病院に通いながら治療する人もいれば
自分で治す人もいます。

 

 

まあ僕は特別な症状がでてなければ、
どっちでも良いかなあとは思うんですが

 

一度診察してもらった方が
安心して取り組めるという人も多いかと思います。

 

 

では、いざ病院に行くとしたら
どこに行けば良いのでしょうか?

 

病院といっても、皮膚科、整形外科、
専門クリニックなどたくさんありますよね。

 

 

 

基本は皮膚科へ

薄毛は基本的に、皮膚科でみてもらうことになります。

 

 

で、実際にどうやって判断するのか。
その診察方法なんですが・・・

 

円形脱毛症のような症状ではなく
一般的な薄毛の状態だった場合は、
AGAかそうでないかを診察されます。

 

 

 

とはいっても特別なことをするわけではなく
やることは視診と問診です。

 

    • 前頭部と頭頂部だけ髪が細くなっている
    • 側頭部と後頭部は太い毛が生えている
    • 薄くなった部分の髪の20%以上は細くなっている
    • 家系が薄毛ではないか

 

こういったことが主な判断材料となります。

 

 

 

 

え?それくら自分で出来るんじゃないのか・・・?
と思われるかも知れません。

 

 

 

まあでも逆に、これ以上のことはなかなか出来ないんですよ。

 

 

 

薄毛になっている人の9割以上は
AGAと生活習慣が原因が原因です。
だから特別な症状が無い限り、AGAかどうかだけの判断になりますし
AGAは見て、触って、聞いて確かめるしかありません。

 

 

なので、薄毛は病院にいけば
特別な方法で見てもらえるという訳ではないんですね。

 

 

 

病院には行くべきか行かないべきか

じゃあ、何か変わった症状がなければ
病院には行かなくても良いのかといえば

 

必ずそうではありません。

 

 

薄毛を病院で見てもらうことにも
メリットはあります。

 

 

 

まず、薄毛に悩まされていると
自分の状態を客観的にみれないことがあります。

 

 

例えば、誰が見ても円形脱毛になっているのに
自分ではAGAだと思ってしまうケースだって実際にあるんです。

 

ありえないでしょ。と思うかも知れませんが
思い込みって本当に怖いですからね。

 

 

 

薄毛のせいで常にストレスを感じているという人ほど
自分では正しく判断できない可能性は高いといえます。

 

 

 

なので、一応お医者さんに見てもらうことで
安心して治療に取り組めるのではないでしょうか。

 

自分で判断して治療することに不安を感じるなら
最初に一度見てもらった方がよいですね。

 

 

 

 

遺伝子検査は専門クリニック

薄毛は病院ではなく、専門のクリニックに行けば
かなり詳しくAGAかどうかの検査ができます。

 

 

その検査というのが以下の内容。

 

    • 血液中の男性ホルモンの濃度
    • 5αリダクターぜが活発かどうか
    • 毛乳頭内のDHTの濃度
    • AGA治療薬が効きやすい体質か
    • 成長期の髪がどれくらいあるのか

などなど。

 

 

かなり詳しい検査になるので1通り調べてしまえば
自分とAGAの関係がハッキリとできるでしょう。

 

 

ただ、これらを実際にやろうと思えば
時間とお金がかかるのでやる人は少数です。

 

 

 

まず専門クリニックというのは
何処にでもあるものではありません。

 

都心から離れている場所だと
遠方になる可能性があります。

 

 

 

検査するお金も高いですし、
行ったらすぐに分かるわけではありません。

 

そうですね・・・検査の結果がでるのに1ヶ月ほどでしょうか。

 

 

 

だからほとんどの人は、

 

「9割以上の確率でAGAなんだから
そこまでやる必要は無いだろうと」

 

自分で治療するのが現状ですね。

 

 

 

僕自身も自分でAGAだと判断して
自分で治療して治した口です。

 

ですが、どうすれば良いということを一概には言い切れませんので
最終的には自分で決めることになりますね。

 

 

 

■未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る