カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

自宅でできる薄毛対策は何か?

読了までの目安時間:約 6分

 

u11

薄毛を病院や専門機関いって治療しようと思えば
手間とお金がかかります。

 

 

なかなか仕事で時間はとれないし
休みの日は遊びたい。

 

それに薄毛に何十万、何百万なんてお金はかけれない。

 

 

これが僕も含め、大多数の意見ではないでしょうか。

 

なので今回は、自宅でできる薄毛対策には何があるのか、
そしてどんな対策をとるべきかをお話します。

 

 

 

自宅で出来る薄毛対策

 

自宅で出来る薄毛対策は2つ。

 

①生活習慣の改善
②育毛グッズの使用

 

 

これが自宅でできる薄毛対策であり
両方行うことによって効果を実感できます。

 

 

生活習慣の改善

 

生活習慣の改善は薄毛対策では一番大事なことです!

 

この言葉はもう聞き飽きたかもしれませんが
やっぱり健康的な生活をするのって育毛には必須なんですよ。

 

 

 

なぜなら、どれだけ良い育毛剤を使ったとしても
不健康な生活をしていればその効果は相殺されてしまうからです。

 

 

育毛剤というのは血行促進をして髪を生やしますが、
不健康をして血行が悪くなればプラマイ0。

 

喫煙、運動不足、睡眠不足、
バランスの偏った食事などですね。

 

 

 

生活習慣を改善して髪が生えるというのは
実感しにくいことなのでどうしても面倒に思いがちです。

 

それは仕方がありません。

 

 

ですが頭の中では「生活習慣こそが自宅でできる一番の薄毛対策だ」
と重要度をあげておく必要があります

 

生活習慣を改善する方法はサイトにまとめているので
自分に当てはまるものがあれば実践していきましょう。

 

 

 

育毛グッズの使用

 

育毛剤、医薬品、サプリメント、育毛シャンプー
これらが自宅で使用することができる育毛グッズです。

 

薄毛対策としてまず外せないのは、
サプリメントと育毛シャンプー。

 

 

 

サプリメントは髪の生成に必要な栄養を補給するもの。

 

健康的な食事をしても摂取しにくい栄養はあるので
育毛サプリによって摂取します。

 

 

また育毛シャンプーは市販のシャンプーとは違って
洗浄剤の刺激が限りなく小さく、頭皮に優しいつくりになっています。

 

抗炎症、皮脂の過剰分泌の抑制など
抜け毛予防の効果もあるので育毛中には使うべきですね。

 

 

 

そして残りの自宅で薄毛対策として使える育毛剤は
育毛剤と医薬品。

 

このどちらか、自分にあった方を使うことになります。

 

 

ここはかなり重要な話なのでちょっと詳しく説明しますね。

 

 

 

育毛剤と医薬品どちらを使うべき?

 

それぞれの特徴はこんな感じです。

 

 

医薬品・・・いわゆるAGA治療薬のこと。一番効果が高いが副作用のリスクもある

育毛剤・・・医薬品に比べて効果が低い。副作用の可能税は限りなく低い。

 

 

 

医薬品は発毛効果が高いので、
使えるならこちらを使ったほうが良いです。

 

ただし、副作用のリスクがあり
人によっては強くでてしまうこともあります。

 

 

なので、副作用の内容を先に知っておいて
症状がでたらマズイ場合は、最初から使わないこと。

 

副作用がでたとしても、すぐに止めれば困らないという場合は
とりあえず様子を見ながら服用し、問題が無ければ続ける感じです。

 

 

 

■副作用の症状が出たら困るので、医薬品が使えない
■副作用の可能性があるなら、もう少し効果が低くても安全なものを使いたい
■医薬品をつかったら副作用がでてしまった

 

この3つの場合には育毛剤を使ったほうが良いでしょう。

 

 

育毛剤も最近のものは効果が高くなってきてます。

 

医薬品と同等かといえやはり多少下回りますが
十分な効果はあるので、安全性を重視するなら育毛剤が良いかもですね。

 

 

 

■未分類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る