カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

AGA治療薬は個人輸入代行業者、オオサカ堂で買うべし

読了までの目安時間:約 7分

 

u53

AGAを直すには、医薬品(AGA治療薬)が一番効果があります。

これは間違いないです。

 

 

なので、まずは試してみようという人も多いと思いますが、

それってどこで手に入れられるの?という話ですよね。

 

 

医薬品は、病院や専門のクリニックで処方してもらうか

個人輸入するかどちらかです。

 

どちらで買ったほうがいいのかですが、

まずはそれぞれどんな特徴があるのかを知っておきましょう。

 

 

 

クリニックの特徴

 

病院で処方してもらうメリットは

なんといっても安心感でしょうか。

 

 

気になることは何でも相談できるし

しっかりと指示を受けた上で服用するので

気兼ねすることがありません。

 

 

 

副作用のことや、使用量など

そういった基本的な説明はもちろん、

 

服用してからの様子を見てもらいながら

使えるというのは良いことですね。

 

 

 

ただ、値段がすごく高いです。

 

フィナステリドという成分を含む医薬品

プロペシアはおよそ1万円します。

 

 

「高っ・・・!」って感じですよね(笑)

 

 

またミノキシジルの医薬品も買わないといけないので

あわせて1万5千円はします。

 

 

 

なぜここまで高いのか?

それはAGA治療薬が保険の適用外であるからです。

(保険適用の理由は薄毛が「病気」ではないから)

 

 

 

 

個人輸入の特徴

 

続いて医薬品を個人輸入する場合。

 

 

個人輸入というと、何とも面倒そうな響きです。

 

ですが、実際には輸入代行業者を利用することで

ネットショップと同じ感覚で買うことができます。

 

 

価格はプロペシアを買うにしても半額ほど。

 

 

 

それにプロペシア、ミノキシジル

それぞれジェネリック薬品もあるので

実際には10分の1くらいの価格で買うことができます。

 

(正確に言えば、ジェネリック薬品ではないのですが

同じ成分、同じ効果を得られるものなので問題ありません。)

 

 

 

じゃあ個人輸入したほうが良いじゃん!って感じですよね。

 

そうです。医薬品を継続して服用するなら

個人輸入したほうが圧倒的に経済的負担が少なくすむんです。

 

 

 

 

ただ注意点が2つ。

 

 

1つは代行業者選び。

 

代行業者の中には、悪徳な業者もいて

商品を発送しなかったり、偽物を販売するところもあります。

 

 

僕がおススメするのはオオサカ堂という業者さんです。

 

ここは今では業界最大手ですし

それに1995年にできてから、一度も不祥事が起きてません。

 

まず業者はここで間違いないでしょう。

 

 

 

 

2つ目は自己管理。

 

クリニックで処方してもらった場合には

最初のころは医師に様子を見てもらえるはずです。

 

なので、副作用などが見られれば

医師の判断で服用を中止されます。

 

 

 

ただ、個人輸入した場合には

体調を自分で管理する必要があります。

 

服用する量は絶対に守らないといけませんし、

副作用がでたのに「まだ大丈夫」なんて思って

続けてはいけません。

 

 

このあたりの自己管理にあまり自信がない人には

なかなかおススメできないものでもあります。

 

 

 

どっちで買うべき?

 

どちらで買うかは、以上の特徴をみて

自分にあったほうを選んでみてください。

 

 

ただ個人輸入の存在を知っている人のほとんどは

代行業者を利用して医薬品を輸入しています。

 

 

なんといっても値段が違いすぎますからね。

 

 

 

ただ、なんとなく不安に感じる場合は

やはりクリニックに行くのが良いでしょう。

 

何も、ずっとクリニックで処方してもらう必要ないので。

 

 

最初はクリニックにいって説明を受けて

様子をみてもらいながら服用して、

 

医薬品にたいして安心感がでてきてから

個人輸入に切り替えるというのも有りです。

 

 

この辺りは臨機応変にやってみてください。

 

 

 

 

 

■医薬品 ■医薬品 個人輸入   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る