カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

編みこみ式かつらの正しい手入れ

読了までの目安時間:約 4分

 

u17

かつらは正しい手入れができているかどうかで

寿命が大きく左右されます。

 

特に、編みこみ式のように

被りっぱなしのタイプは痛みやすいので大切に扱わないといけません。

 

 

では、日ごろどのようにメンテナンスすれば良いのかについて

お話します。

 

 

 

編みこみ式の正しい手入れ

 

シャンプーは強く洗いすぎない

 

連続着用タイプのかつらは頭皮がしっかり洗えない分

かつらの上からゴシゴシやりがちです。

 

ですが、強く洗うとネットが切れたりする可能性もありますし

少なからず痛んでしまうので、やさしく洗わないといけません。

 

 

 

 

シャンプーは低刺激・低洗浄力のものを

 

市販のシャンプーのほとんどは洗浄力が強く、刺激も強いです。

 

かつらの毛は自毛よりも敏感なので

すぐにバリバリになってしまいます。

 

 

シャンプーはメーカー推薦のものを使うか

低刺激・低洗浄力のものを選んで使うようにしましょう。

 

 

 

トリートメントもする

 

シャンプーをすれば、基本的にはトリートメントも必須です。

 

トリートメントは髪を綺麗に見せる以外にも

髪が摩擦などの刺激に強くなるという大きな効果があります。

 

 

 

ドライヤーは熱風を当てすぎない

 

カツラの髪は痛みやすいので、

ドライヤーの熱風を当てる時間は出来るだけ短めに。

 

 

 

出来ればキャップを被って就寝

 

連続着用の場合は、就寝時も被りっぱなしなので

どうしても痛みやすいです。

 

出来るだけ髪に負担がかからないように

目が大きめのネットなどを被って寝るのと良いでしょう。

 

 

ピン留めに比べると痛みやすいのは仕方ないですが

出来る限り長持ちをさせる工夫が大事ですね。

 

 

 

連続着用タイプの場合は以上に気をつけて

メンテナンスをしましょう。

 

■カツラ ■カツラ 手入れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る