カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

男性用かつらを安く維持したいならピン留め式がおすすめ

読了までの目安時間:約 6分

 

eye_ok2

カツラは本体の値段だけでなく、

取り付け方法によっては毎月の維持費が高くなります。

 

 

維持費がどれだけかかるかによって

カツラに使う金額は大きく変わるので

 

かつらと長く上手に付き合うためには

出来るだけ抑えておきたいものです。

 

 

 

で、ですね。

一番維持費のかからないのはピン留め式です。

 

 

ピン留め式はサロンに通って

かつらのメンテナンスをする必要がありません。

 

 

なのでかかる費用は、

 

    • カツラ本体
    • 自毛のカット
    • 専用のシャンプーやその他小物

 

くらいで、カツラ本体の値段もあわせて毎月の出費額を計算しても

15000円前後に抑えることもできます。

 

 

ではピン留め式の詳しい特徴を見ていきましょう。

 

 

 

ピン留めのメリット

    • サロンに通わないでよいので経済的
    • 一番利用者が多い装着方法
    • 入浴時には取り外して、頭皮をしっかり洗える
    • 睡眠時には外すので、カツラが痛みにくい
    • 一番カツラの寿命が長い装着方法(3~5年)
    • 伸びてきた自毛を切る以外は基本的にサロンに行くことがなく手間がかからない


一番利用者が多いというだけあって

コストパフォーマンスに優れていて、手軽な装着方法です。

 

 

取り外しが可能なメリットはたくさんあります。

 

まず頭皮をしっかりシャンプーできるので

痒くもならないですし、頭皮トラブルも起こりません。

 

それに就寝時にも外すので

寝ているときにカツラに負担をかけることがなく

カツラが長持ちします。

 

 

被りっぱなしのタイプだと

頭皮が痒くなり、カツラの寿命も短くなるので、

これはかなり嬉しいことです。

 

 

 

ピン留めのデメリット

    • 固定力は強くない
    • ピンをつけている部分は負担がかかり、脱毛することもある
    • 会社などの団体の旅行ではバレる可能性がある


固定力は強くはないので激しいスポーツをしたり、

仕事でヘルメットを被ったりするなら不向きです。

 

またピン留めだけに限らず、編みこみ式であっても

装着部分の自毛には負担がかかって脱毛がおこります。

 

 

これはかつらを被る上では仕方ないので

多少は目をつぶらないといけません。

 

 

 

それと着用したままの入浴は睡眠はできません。

 

なので会社やその他団体の旅行で

泊まり先が個室でない場合はばれる可能性があります。

 

 

もしも個室でなかったら、入浴時に頭は濡らさず

ピンが当たっていたいのを我慢しながら寝ないといけません。

 

また起きたときにズレていることもあるので

一番に早起きする必要があります。

 

だいぶ大変そうですよね。

団体での旅行は上手く断るのが無難だと思います。

 

 

 

総合的に使いやすいカツラ

 

どんな取り付け方法にもメリット・デメリットはあります。

 

ですが、ピン留め式は限りなく

デメリットよりもメリットが上回っている装着方と言えるでしょう。

 

 

デメリットをみても、特に困ったことがなければ

装着方法はピン留めがおススメです。

 

安いしちゃんと手入れすれば長持ちだし、

頭皮がシッカリ洗えることって結構大事だと思うんですよね。

 

 

他にも装着方法はたくさんあるので

それらと比べて、どれが良いか考えてみてください。





 

■カツラ ■カツラ 装着方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る