カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

男性用かつらの必要経費はいくら?本体価格とメンテナンス費

読了までの目安時間:約 4分

 

u38

 

かつらに必要な経費は

本体価格とメンテナンス費です。

 

カツラを買う前には、これらが毎月いくらかかるのか

また一生でいくらかかるのかを知っておきましょう。

 

 

一生といっても、カツラをつける年代は

およそ30~60代の30年くらいだと思います。

 

 

費用の金額は、どのメーカーで買うのか

どういった方法でカツラを装着するのかによって大きく違いますが

 

今回はそれぞれを、高くも安くもない

平均的な値段で計算していこうと思います。

 

 

 

カツラの必要経費

 

カツラの本体価格を30万円とします。

必ずスペアがいりますから2個で60万円。

 

カツラの平均的な寿命はおよそ3年ですから、

毎月の支払いで考えると月17000円。

 

 

これに毎月のメンテナンス代と、自毛のカット代で

月10000円ほど加わります。

 

 

ということは毎月3万円くらいとして

年間でいえば36万円です。

 

仮に、カツラ生活を30年続けるとすると

1000万強します。

 

ローンの利息などを合わせれば1200万くらいでしょうか。

 

 

大手メーカーのカツラだとまだ本体価格が高いので

1500万ほどと考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

30年ローンで1500万円の買い物

 

もし、30年ローンで

1500万円の買い物をするとしたら、どうしますか?

 

 

買おうと思えば、安い家だって買えちゃいます。

 

 

ただかつらの場合は、自分がどう見えるか、自分をどう見せるかという

生き方に影響を与えるものなので、家とはまた価値観が違うものです。

 

なので、あまり比べるものでもないかも知れないですね。

 

 

 

自分の状況に合わせて計算する

 

最初にも言いましたが、今回は平均的な経費で

30年使うことを想定してお話しました。

 

 

なので、実際に購入を考えているときは

自分の状態に合わせて、いくらかかるのかを計算しましょう。

 

 

経費を最安にしようと思えば

月に1万5000程の出費にも抑えることだってできます。

 

例えば、中小メーカーでは安いところは

本体が15万くらいです。

 

装着方法も手軽なピン留めにすれば

毎月のメンテナンスをしなくても良いので

自毛のカット代5000円くらいで済みます。

 

 

選びようによってだいぶ必要な経費は違ってくるので

自分の希望と、毎月支払いが苦しくない金額を考えて

無理の無いカツラ選びをすることが大事です。

 

 

■カツラ ■カツラ 費用   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る