カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

海外かつらは国内かつらよりも安くてお得?

読了までの目安時間:約 6分

 

u34

かつらは国内のものよりも

海外のものの方がずいぶん安いです。

 

 

なので、国内メーカーを色々試してみたけど

経済的に負担が大きかったので

海外かつらを使うようになったという人も中にはいます。

 

 

 

海外かつらの値段

 

安いもので1万円。高くても5万円といった感じです。

 

メーカーによって値段の違いはありますが

このくらいで部分カツラ、全カツラどちらも購入できます。

 

 

また、低価格だからといって特別品質が悪いわけでもないのが

人気となっている理由でもあります。

 

 

同じ価格帯のものを国内で買えば

遊びやプライベートだけでしか使えないようなものですが

そういったものよりは品質もずいぶん良いです。

 

 

 

購入方法

 

購入するのが難しいんじゃないの?

と思うかもしれないですが

 

海外かつらメーカーのウェブサイトを使えば

手軽に注文することができます。

 

 

ただ、納期はちょっと長めで

だいたい2ヶ月といったところでしょうか。

 

 

海外カツラの方が良い?

 

値段が安い。品質も悪くない。ウェブサイトで購入できる。

 

だったら国内かつらよりも

海外カツラの方が良いんじゃないの・・・?

 

というところですよね。

 

 

しかし海外カツラの場合は

カツラがそのままの状態で届くので

 

後のカットや装着、メンテナンスなどは

すべて自分で行わないといけません。

 

 

これって、かつら初心者の人にはハードルが高いです。

 

 

カットはどうする?

一部の海外カツラメーカーには

国内にサロンを持っていたりしますが

店舗は少ないので、遠方になる可能性があります。

 

そうすると結局、交通費が高くなってしまいますよね。

 

 

なので、できるだけ近場にある

かつらカットOKの床屋さんを自分で見つけていくことになります。

 

ただカツラメーカーが用意している

専用のサロンと比べるとカツラに詳しくない場合があります。

 

カツラはカットやメンテナンスで自然さが決まるので

ここ、かなり重要なんですよ。

 

 

このあたりはやっぱり国内メーカーの方が

安心できるところだと言えるでしょう。

 

 

装着は自分でおこなう

装着方法は接着剤、テープ、ピンのどれかです。

 

カットはお店でできるにしても

これは自分でやらないといけません。

 

 

もちろん、接着剤、テープ、ピンは

自分で購入します。

 

 

これは正しい取り付け方、正しいはずし方で行わないと

カツラがダメになることもありますし

頭皮にダメージを与えることもあるかも知れません。

 

 

自分で調べてやってみるか

かつらをつけている人に教えてもらうかですね。

 

 

まずは国内メーカー

 

いきなり海外メーカーのかつらを買って

自分で全部手入れするのはちょっと難しそうですよね。

 

 

安く手に入ったとしても

つけたときに不自然だったら意味がないですし

 

カットやメンテナンスを正しい方法でできず

失敗してかつらをダメにしてしまう可能性だってあります。

 

 

なので、とりあえずはまずは国内のメーカーを利用して

かつらの知識や経験をつけるのが良いでしょう。

 

 

カットはどうやったら良いのか。

かつらと自毛とのつなぎ目はどうすれば自然なのか。

テープや接着剤、ピンの正しく装着するにはどうすればよいのか。

 

などなど、1通りカツラをマスターしましょう。

 

 

その上で、経済的な負担を軽減するため

海外カツラの使用を考えるのはありだと思います。

 

 

 

 

■カツラ ■カツラ 費用   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る