カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

一番自然に見える男性用かつらとは

読了までの目安時間:約 4分

 

eye_no1_1

かつらの装着方法はたくさんありますが

中でも一番自然に見えるのは接着式です。

 

 

接着式に使うカツラは

人工皮膚や、皮膚によく似せたレースでできていています。

 

それを接着剤を使って頭皮にピッタリとつけるので

まずカツラだと分からない仕上がりになります。

 

 

大手メーカーがCMでやっているので

見たことはあるのではないでしょうか。

 

 

接着式は自然さだけで言えば一番ですが

その反面、問題点も多くある接着方法です。

 

では、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

 

 

 

接着式のメリット

    • つむじや生え際も自然
    • 短髪、オールバックなどのヘアスタイルもOK


他の取り付け方法だと、

どうしてもつむじの毛量が多くなりすぎです。

 

かといって毛量を少なくすれば

ネットやベースが見えてしまいますから、

通常のかつらではつむじの不自然さは仕方がありません。

 

 

その点、接着式は皮膚に似せたものを使っているので

毛量を少なくしてもごく自然です。

 

また生え際も見せることができるので

オールバックのような髪型もスタイリングできます。

 

 

 

接着式のデメリット

    • 寿命が短く、費用がかかる
    • 頭皮トラブルがおきやすい


このタイプのカツラは寿命が短く

短ければ3ヶ月。もって1年ほど。

 

使い捨てのカツラという感じです。

 

 

普通の生活をしていれば

そこまで頻繁にカツラを買い換えることはできないですよね。

 

 

また頭皮とカツラを接着剤でくっつけるので

炎症や化膿など頭皮トラブルがおきやすいです。

 

特に頭皮トラブルが起こったときにカツラを外すのは

痛くて辛いようで・・・

 

 

 

技術の進歩に期待

 

寿命も短く、頭皮トラブルの可能性もあり

なかなかおススメはしがたい装着方です。

 

 

限りなく自然では有りますが、その代償は大きいと言えるでしょう。

 

 

ですが、近くで見てもつけているのが分からないカツラというのは

やはり魅力的です。

 

これから技術が進歩していって

もっと安全に手軽に使えるものになっていけば良いですね。

 

■カツラ ■カツラ 装着方法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る