カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

ピン留め式のかつらの正しい手入れ

読了までの目安時間:約 5分

 

u18

カツラは正しい手入れをするかしないかで

寿命が大きく変わってきます。

 

特にピン留め式のかつらはきちんとメンテナンスをすれば

最大で5年も使うことが出来るものです。

 

 

カツラの寿命の長さは、直接お金に関わることですから

正しい手入れのポイントを抑えておきましょう。

 

 

 

ピン留めの正しい手入れ

入浴時、睡眠時は必ずとりはずす

 

カツラは入浴や睡眠の時には必ず取り外しましょう。

 

決してかつらを被ったままシャンプーはせず

取り外してから丁寧に洗わないといけません。

 

 

また、着けたまま寝てしまうと

ピンが当たって痛いのでとても熟睡はできないですし、

カツラに摩擦や負荷がかかって寿命が縮む原因にもなります。

 

 

着脱式は睡眠時にカツラを休めることができるのがメリットなので

十分にそのメリットを生かすようにしましょう。

 

 

 

毎日タオルで拭く

 

かつらのベースやネットには

皮脂や汚れが毎日必ずつきます。

 

それらがネットや人工頭皮などに浸透すると

カツラの寿命を縮める原因となってしまいます。

 

 

それに不衛生なものを頭につけるのも問題なので

きつく絞ったタオルを使って、毎日丁寧に拭きましょう。

 

タオルよりも刺激が少ないコットンに

アルコールや専用のリムーバーをつけて拭くと、なお良いです。

 

 

 

週に1回はシャンプーをする

 

シャンプーは毎日する必要はなく週1回で大丈夫です。

 

 

ただ整髪料を使用した日には

必ず洗わないといけません。

 

整髪料にホコリなどのゴミがついて

汚くなってしまうので。

 

 

 

シャンプーは低刺激・低洗浄力のものを

 

カツラの髪は自毛よりも痛みやすいので

やさしいシャンプーを使う必要があります。

 

メーカー推奨のものを使うか

自分で低刺激・低洗浄力のものを選んで使いましょう。

 

 

 

トリートメントは必須

 

カツラにもともと施されているトリートメントは

使っていくと落ちていきます。

 

なのでシャンプーをする度に

必ずトリートメントもするようにしましょう。

 

 

見た目の綺麗さを出す効果もありますが

摩擦など刺激にも強くなるので必ずやるようにします。

 

 

 

ドライヤーの熱風を当てすぎない

 

かつらの毛は自毛よりも熱に弱いです。

ドライヤーの熱風は当てすぎないよう注意しないといけません。

 

 

 

就寝時は必ずかつら台にセット

 

就寝時にはカツラを外しますが

必ずかつら台にセットしないといけません。

 

そのまま置いていれば、型が崩れてしまいますので。

 

高価なものではないので、必ず用意しておきましょう。

 

 

 

 

以上がピン留め式の手入れの仕方になります。

 

 

 

■カツラ ■カツラ 手入れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る