カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

カツラは一生ものは嘘。かつらの耐久性とは

読了までの目安時間:約 4分

 

eye_fx

「カツラは一生ものです!!」

 

カツラメーカーの営業マンの中には

こういったことを言う人がいます。

 

 

カツラは安いもので10万、高いものでは50万はするので

何も知識がない状態だと「カツラって一回買えばずっと使えるのか」

と思ってしまうかもしれません。

 

 

ですが、それは有り得ないことです。

 

 

高価なものであろうと必ず寿命があります。

 

ものによって寿命の長さは違えど

車や家だっていつかは使えなくなってしまいます。

 

 

営業マンの中にはカツラをオーダーしてもらいたいがため

口頭だけなら適当を言う人もいるので、注意が必要です。

 

では本当の所、かつらの耐久性はどのくらいなのでしょうか。

 

 

カツラの耐久性

 

カツラの耐久性は、カツラの装着方法と

正しいメンテナンスをしているかによって大きく違います。

 

 

接着:3ヶ月~1年

編みこみ:1年~2年

ピン止め:3年~5年

 

これが各取り付け方法の寿命です。

 

 

きちんと手入れをしなかったら

これよりも寿命が短くなることもあります。

 

 

特に、髪質が人毛と人工毛とではメンテナンスの仕方は違うので

それぞれにあった手入れをしないといけません。

 

 

またシャンプー選びも重要です。

 

市販のもののほとんどは刺激と洗浄力が強いので

痛みやすいカツラの毛にはよくありません。

 

 

メーカー推奨のものか、

低刺激・低洗浄のものを選んで使うかのどちらかです。

 

 

 

寿命の目安

 

ではそもそも、どういった状態が寿命といえるのでしょうか。

 

 

 

寿命といえる状態はいろいろですが、

 

・ベースとなっている、ネットが切れてしまう

・髪質が痛んできて、自毛と馴染まなくなる

 

などが上げられます。

 

 

 

カツラの寿命の最大値というのは

「きちんと手入れをした上で、不自然に見えない期間」です。

 

ピン止めの場合は最大が5年前後ですが、

丁寧に扱っていてもそれ以上の使用は

どうしても不自然さが見た目にでてしまいます。

 

 

それ以上も使うことはできるんですが

周りにばれるカツラなら、被る意味もないですよね。

 

どれだけ状態にこだわるかという所でもありますが

およそ今回紹介したくらいだと思っておいてください。

 






 

 

 

■カツラ ■カツラ 寿命   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る