カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

かつらは人毛と人工毛どちらが良いのか。かつらの毛質・髪質

読了までの目安時間:約 4分

 

eye_beauty1

カツラの毛質には、人毛と人工毛、

それと2つを混ぜてつくったミックス毛があります。

 

 

カツラをつくる際には

どれを選べば良いのかが気になるのではないでしょうか。

 

 

まずはそれぞれの長所と短所を知っておきましょう。

 

 

 

人毛

 

人毛はとにかく自然なのが良いところです。

 

 

ただ人毛は、一度脱色した髪を黒染めしたものなので

使っている内にだんだんと色が落ちてきてしまいます。

 

 

3ヶ月~半年ほど経つと、だんだんと赤茶っぽくなってくるので

染め直す必要があります。

 

月に一回、サロンにメンテナンスをしに行っていれば

スタッフが染め時は教えてくれるかと思います。

 

 

 

人工毛

 

人工毛は、渇きがよく、形も崩れないですし

カラーリングをする必要もないです。

 

手軽といえば手軽です。ですが人工というだけあって

なかなか自然とは言えない特徴があります。

    • 水をはじく
    • 風に吹かれても髪がなびかない
    • 人工毛独特のツヤがある
    • 天使の輪ができる

 

これって普通の髪ならならないことですよね。

 

天使の輪は髪が綺麗な若い人ならできますが

40歳以上くらいになると不自然です。

 

 

また髪がチリチリなりやすいので

使っていけばだんだんと毛先がチリついてきます。

 

 

 

ミックス毛

 

人毛と人工毛を混ぜてつくったのが

ミックス毛のかつらです。

 

 

人毛と人工毛ではメンテナンスの仕方が違います。

 

かつらは毛質に合った手入れをしないとすぐに痛んでしまうので

混ぜるのは良くありません。

 

おススメはできないものです。

 

 

 

おすすめは人毛

 

カツラは人毛でつくるのが一番無難です。

なんといっても自然に見えますからね。

 

 

ただ人毛の場合、色が落ちたときに

自分で染めようと思うなら注意が必要です。

 

普通の時間どおりにそめると

かつらの髪はバリバリに痛みます。

 

多少のカラー代を節約使用と思ったがために

カツラの寿命を縮めては本末転倒なので

サロンで染めてもらうのが良いでしょう。

 

 

■カツラ ■カツラ 毛質   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る