カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

かつらの髪は誰の髪なのか。人工毛は何で出来ている?

読了までの目安時間:約 5分

 

u36

かつらの髪って一体だれの髪なのか。

これってなんとなく気になっちゃうことですよね。

 

 

とはいっても、かつらの髪は

人毛と人工毛がありますし

 

それぞれのにも種類があるので

1口に誰のとは言えないものです。

 

 

では、その種類を1通り紹介したいと思います。

 

 

 

人毛

 

人毛を使っている場合は

中国人かインド人、どちらかです。

 

中国毛

 

あまり癖がなく、コシがある太めの髪です。

日本人やアジア系の人に好まれて使われます。

 

 

インド毛

 

中国毛に比べ、やや細めの髪で手触りが柔らかいです。

アジア以外の海外で使われることが多いです。

 

 

 

人工毛

 

人工毛は主にアクリル系かポリエステル系。

 

アクリル系

 

カネカロン人工毛とも言われいます。

 

毛質が柔らかめで手触りが良いですが

光沢が強いのでちょっと不自然。

 

 

天使の輪ができちゃうやつですね。

 

 

ただ、静電気には強く

縮れにくいのは良いところ。

 

耐熱温度は100度くらいで

120度以上になると焦げてしまいます。

 

 

ポリエステル系

 

高耐熱人工毛ともいわれます。

 

毛はやや細めで手触りは固めです。

 

セットは崩れにくいですが

風邪が吹いたりしても形状を保ちすぎるとまた不自然なものです。

 

 

静電気や摩擦には弱く

縮れやすいのは欠点ですね。

 

熱に強く、耐熱温度は180度くらいです。

 

 

 

多いのは中国毛

 

かつらの髪質は、人工毛より人毛のほうが圧倒的に自然に見えるので

人毛をおススメしています。

 

日本で使用される人毛のほとんどは中国毛です。

 

 

 

それと余談ですが、中国毛は中国の女性が髪を

バッサリ切って提供してくれているものです。

 

 

ここ最近では中国の女性も

パーマやカラーリングをするようになり

供給が少なくなってきているようです。

 

なので髪の値段も一昔前に比べ

やや高くなっているようみたいですね。

 

 

 

今後、どうなっていくかはわかりませんが

まあカツラ自体が高価なものですから

そこまで気にするほど高くなることは無いかなと思います。

 

■カツラ ■カツラ 毛質   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る