カツラ 男性用

薄毛・抜け毛の原因とその解決法

かつらのメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 6分

 

u29

かつらにはメリットとデメリットがあります。

 

どちらを大きく感じるかは

本当に人によりけりです。

 

 

かつらを被って生活が良い方向に一変した人もいますし

逆に、お金を無駄にしたと後悔する人もいます。

 

なので、どういったメリットとデメリットがあるのかを

購入する前にしっかり抑えておかないといけません。

 

 

 

 

かつらのメリット

 

生活の質があがる

 

現在、薄毛が原因で生活の色んなことが上手くいっていない気がする人ほど

生活の質があがることを実感できるはずです。

 

 

やはり鏡を見たときに、髪があるのと無いのとでは

自分に対するセルフイメージが違います。

 

そういった自信は普段の振る舞いに出てくるものなので

おのずと生活の質があがってくるでしょう。

 

 

またほとんどの人は、薄毛よりも髪がある方が良い印象を受けるので、

人間関係が円滑になるキッカケとなるかも知れません。

 

印象ってすごく大事です。

 

 

 

確実に毛が増える

 

薄毛がだいぶ進行してしまっていると

育毛に取り組んでも、成果が出にくくなります。

 

 

前頭部、頭頂部にほぼ髪がない状態だと

あまり期待はできません。

 

 

僕がすすめている改善セットを使用すれば

ある程度の改善は実感できると思いますが

 

長期間じっくりやる必要がありますし

生え際まで戻すのは難しいでしょう。

 

 

その点、被ってしまえば確実に毛が増えるのは

やはりカツラ最大のメリットです。

 

 

かつらのデメリット

 

お金がかかる

 

カツラの必要経費は、本体価格と

毎月のメンテナンス費です。

 

 

それと必ず1つはスペアが必要ですし、

寿命は3年程度です。

 

カツラは決して一生ものではありません。

 

 

カツラのローンと、メンテナンス費などを含めて、

出費を最小限に抑えたとしても毎月1万5000円はかかります。

 

最低でもコレだけは出費があるものだということは承知しておきましょう。

 

 

タイミングが難しい

 

いきなり髪が増えていたら、

周りの人は「あれっ?」と思うことがあります。

 

ただ今のかつらは限りなく自然ですから

ギャップが大きくなければ案外わからないものです。

 

 

長期休暇、就職、転職、転勤を見計らって被るのが

無難ではあります。

 

 

 

脱毛がおこる

 

帽子を被ってハゲるのと同じ原理で

かつらは抜け毛が増えてしまいます。

 

着脱が可能なタイプだと、カツラを外して

頭皮をシャンプーできるので気にすることではありません。

 

 

ですが、自分で着脱ができない被りっぱなしのタイプは

かつらの上からシャンプーをするので頭皮をしっかり洗えません。

 

なので被っている部分はどうしても髪がぬけます。

 

 

 

また、かつらを装着している部分にも脱毛はおきます。

 

ピン留め式だとピンをつけている部分。

編みこみ式だと編みこんでいる部分。

 

それぞれ装着している自毛に負担がかかるので

これは仕方がないことです。

 

 

かつらを使用するには、今ある自毛へのこだわりを持たず

割り切って楽しむことが大事ですね。

 

 

 

 

 

■カツラ ■カツラ その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る